国内線ならスターフライヤーの格安航空券で十分でした

飛行機の値段は利益による

第一にコストが安いこと、第二にそれでいてシートもこだわられていて、皮が使われていて高級感もあるのです。
これは安心ということにもつながります。
実際に利用して見て安心して眠ることが出来ました。
後はコストパフォーマンスを考えることになるわけですが、これについては圧倒的に大手よりも良いということになるでしょう。
ビジネスで使うには十分な航空会社だと感じました。
大手のようなところの料金はここの数倍もすることもあるようです。
ファーストクラスに至っては論外といってもいいでしょう。
ただこれについては例外もあります。
それは移動した目的地でとんでもない額の成果を出せる場合です。
そこで一億の利益が出せる場合には、ファーストクラスでもどんな航空会社でも関係ないでしょう。
コストパフォーマンスなど考える必要もありません。
ですが移動先で数十万の利益しか出せないのであれば、これはコストパフォーマンスにこだわるしかありません。
これによって収益は極端に変わります。
十万円の利益を出す場合に十万円の飛行機代をだしたら利益はなくなりますが、一万円の飛行機代であれば九万円の利益が出るわけです。
これを見れば飛行機代がいかに大きなものなのかということがわかるでしょう。
一億の利益を出すのであれば、十万円の移動代も一万円の移動代も関係ないといえます。
ですから、移動にどんだけ贅沢をしてもいいわけです。

休めるなら無駄なサービス不要 : 飛行機の値段は利益による : 経費を抑えるのはビジネスの基本